寒い時期に部屋の温度を下げないためには?

寒い時期は室内の温度を下げないために、ついつい暖房器具をつけっぱなしにしてしまいますよね。
でも、燃焼系の暖房器具の場合には、定期的に空気の入れ替えをしなければ危険ですから、その度に室内温度が下がることになってしまいます。
それらを考慮すると、空気汚染のない暖房器具を使うのが一番良いでしょう。
具体的には、エアコンやオイルヒーターです。
特にオイルヒーターは、一気に温度を上げる能力はないのですが、一旦暖まってしまうと、その温度を持続させる能力が高いので、室内温度を下げないようにするには向いている暖房器具です。
ただし、オイルヒーターの暖房能力は決して高くありませんから、寒い地域ではあまり効果が期待できないでしょう。
室内温度だけでなく、体感温度を上げるのも一つの方法です。
実は、湿度を上げると体感温度も高くなります。
ですから、ストーブの上にヤカンをおくというのは、とても理にかなっているんですね。
とはいえ、ストーブを使っている家庭も多くはないでしょうし、小さなお子さんやペットがいると危険なこともあります。
もっと安全に室内の湿度を上げたいなら、バケツや洗面器に水を汲んで置いておく、洗濯物を干す、加湿器を使うなどの方法を試してみてください。
さらに、人間は足元が冷えると寒く感じます。
暖かい空気は上に上がるため、余計に足元が寒く感じるのです。
なので、こたつに入ったり、ホットカーペットで足元を温めたり、厚手の靴下や室内履きを履くのも体感温度を上げるという点では効果的でしょう。
また、窓のサッシを二重にしたり、エアキャップをはるのも、室内温度を下げない効果があります。